大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区

大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区

4000円

大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区

大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区:メンテナンス、修理、交換など、購入後のニーズにお応えします。 当店限定販売,【ついに再販開始!】,【限定特価】大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区
AA研トップ
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

雄文館より発行された1枚物の分県地図です。
縦39.2cm×横53.6cm、縮尺は28万分の1です。
左端には伊豆大島、伊豆七島総図、小笠原郡島総図、東京府里程図が掲載されています。
東京府の全体図ですが東は千葉県千葉周辺、西は山梨県大月周辺、
南は神奈川県横須賀周辺、北は埼玉県鴻巣周辺まで掲載されています。
東京府隣接県の一部が掲載されているために小縮尺の地図となっています。
地図中に現在は消滅した旧町村名が多くみられます。
当時の東京市は15区で構成されており、その外周部は郡部に属していました。
その後、市域に編入された豊多摩郡、荏原郡、北豊島郡、南足立郡、南葛飾郡の郡名もみられます。
また、荒川放水路(現在の荒川)は開削されていませんでした。
放水路河道となることから他町村に分割編入された南葛飾郡大木村の名も掲載されています。
※本図発行時には既に消滅していたようです。
このほか、四谷区に編入された豊多摩郡内藤新宿町もみられます。
現在の北区浮間地区は埼玉県(北足立郡横曽根村)に属しています。
郡域の境界線ほか、町村制施行状態など怪しい点もみられますが
これはご愛嬌といったところでしょうか。
小縮尺の地図ですので詳細度は高くありませんが当時の輪郭がわかるとても興味深い資料です。
【商品の状態】
全体に焼けがみられます。
折り部分にやや大きな穴、破れ、折りしわ、すれがあります。
穴や破れは印刷部分にかかっており、読み取れない箇所があります。
このほか、印刷かすれや印刷の薄い部分など読み取りづらい箇所がみられます。
外周部(余白部分)に破れや折れ、欠け、汚れ、めくれ、しわがあります。
その他にも折れ、破れ、しみ状の汚れ、すれ、折りしわ、書き込み、しわ、めくれなどがあります。
※裏面(白紙)も同様の状態です。
全体的にかなりへたっています。
美品ではありませんので、資料性を重視される方にご入札いただきたいと思います。
【発送方法】
ゆうパケット(250円。配達状況確認可、郵便事故発生時補償なし)。 補償ありのゆうパックは東京都から60サイズ料金となります。
【お支払い期限】
ご落札より3日以内にお願い致します。
【その他】
出張により5日間程度、不在になることがあります。
不在期間は発送が出来ませんのでご了承下さい。
不在期間がある場合は自己紹介欄よりお知らせ致します。
商品をお急ぎの方は自己紹介欄をご確認ください。



〒183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1 (TEL: 042-330-5600)
トピックス
その他のお知らせ

大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区

おすすめ
最近の読みもの
Follow ILCAA on Twitter
はじめに

アジア・アフリカ言語文化研究所(通称「AA研」)は,東京外国語大学に附置された共同利用・共同研究拠点で,次の3つの使命の下に研究活動を行なっています。

  • 共同研究の実施
  • 研究資源の編纂と普及
  • 次世代研究者の養成

詳細はこちらをご覧ください。

研究報告・近刊

Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.

大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区

大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区:メンテナンス、修理、交換など、購入後のニーズにお応えします。 当店限定販売,【ついに再販開始!】,【限定特価】大正4年 大日本分県地図[東京府]荒川放水路開削前/旧町村名/15区